軽自動車税

軽自動車税

軽自動車税とは

軽自動車税は、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車および二輪の小型自動車(これらを「軽自動車等」といいます)の所有者に対して、市町村により課税される税です。

軽自動車税の納税義務者

軽自動車税を納める人は、毎年4月1日現在の軽自動車等の所有者です。

軽自動車税の納期

5月1日~5月31日
(但し、納期末日が土日祭日の場合は、直近の翌平日となります。)

軽自動車税の年税額

税制改正により平成28年度から、原動機付自転車、軽二輪、二輪の小型自動車の税率が引き上げられました。
車種区分

税率(年額)平成27年度まで

税率(年額)平成28年度以降
原動機付自転車(排気量50cc以下) 1,000円 2,000円
原動機付自転車(50cc超90cc以下) 1,200円 2,000円
原動機付自転車(90cc超125cc以下) 1,600円 2,400円
原動機付自転車 ミニカー(50cc以下) 2,500円 3,700円
軽二輪(125cc超250cc以下) 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車(250cc超) 4,000円 6,000円
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 1,600円
小型特殊自動車 その他(フォークリフト等) 4,700円 4,700円

「小型特殊自動車(農耕作業用、その他(フォークリフト等))」の税率の変更はありません。

四輪車などは、平成27年4月1日以後に新規登録する車両から新税率(表B欄)が適用されます。 また、初めて車両番号の指定を受けた月から13年を経過している車両(電気軽自動車等を除く)は、平成28年度から、次の表の経年重課の税率(表C欄)が適用されます。
軽自動車車種区分

(注)税率(年額)

平成27年3月31日
までの登録車 A

(注)税率(年額)

平成27年4月1日
以降の登録車 B

(注)税率(年額)

登録後13年超
(経年重課)C

三輪 3,100円 3,900円 4,600円
四輪乗用  自家用 7,200円 10,800円 12,900円
四輪乗用  営業用 5,500円 6,900円 8,200円
四輪貨物  乗用 4,000円 5,000円 6,000円
四輪貨物  営業用 3,000円 3,800円 4,500円

(注)最初(新車)の新規検査年月は、下記の「自動車検査証見本」を参照してください。

クリックで別ページに移動します。

グリーン化特例(軽課) 平成28年4月1日から平成29年3月31日に新規取得した三輪及び四輪の軽自動車のうち、一定の環境性能を有するものについては、その性能に応じて平成29年度分の軽自動車税の税率を軽減する特例措置(グリーン化特例)が適用されます。

軽自動車車種区分 税率(年額)(標準税率)

(注)税率(年額)

軽課税率

(グリーン化特例)75%軽減(1)

(注)税率(年額)

軽課税率

(グリーン化特例)50%軽減(2)

(注)税率(年額)

軽課税率

(グリーン化特例)25%軽減(3)

三輪 3,900円 1,000円 2,000円 3,000円
四輪乗用自家用 10,800円 2,700円 5,400円 8,100円
四輪乗用営業用 6,900円 1,800円 3,500円 5,200円
四輪貨物自家用 5,000円 1,300円 2,500円 3,800円
四輪乗用営業用 3,800 1,000 1,900 2,900

(1)電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)

(2)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車

(3)乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車

(注)各燃費基準の達成状況は、自動車車検証の備考欄に記載されています。
平成28年度実施された「グリーン化特例」は、平成29年度税制改正により、要件を見直した上で2年延長となりました。 

 平成29年度税制改正による軽自動車税の改正内容の詳細は、総務省ホームページ内の「平成29年度税制改正の概要(地方税)」 をご覧ください。

クリックすると総務省のホームページに移動します。

軽自動車の登録・廃車・名義変更などの手続き

軽自動車等の使用者(所有者)となった場合は15日以内、廃車・売却などした場合には30日以内に次のところに手続きをしていただく必要があります。
軽自動車税については、自動車税と異なり月割課税制度がありません。したがって、4月2日以後に廃車等をしても4月1日現在の所有者がその年度分の軽自動車税の全額を納めなければなりません。

手続(新規登録:原動機付自転車(125cc以下のバイク)小型特殊自動車)

【手続きに必要なもの】(手続先は福智町役場税務課)

  • 販売証明書(標識交付の申請書に販売店の記名、押印と登録に必要な事項の記載があれば不要です。)
  • 印鑑(代理の場合は代理人の印鑑)

福智町役場での各手続きは、原則として郵送では受け付けておりません。
自賠責保険(自賠責共済)について

登録した際に「標識交付証明書」をお渡しします。その書類を持って各自で保険会社などで契約してください。保険料については各保険会社でお尋ねください。
また、廃車後、自賠責を解約する場合は税務課で廃車手続きを行い、その際、受取る「廃車証明書」を加入中の保険会社に持って行き手続きを行ってください。還付の有無は保険会社にお尋ねください。

車種 手続先

手続に必要なもの

(廃車)

手続に必要なもの

(名義変更)

手続に必要なもの

(住所変更)

原動機付自転車(125cc以下のバイク)
小型特殊自動車
福智町役場税務課
0947-22-7762
○標識
○印鑑(代理の場合は代理人の印鑑)

○標識
○印鑑(代理の場合は代理人の印鑑)
○譲渡証明
○廃車証明書

(注)(廃車済の場合)

○標識
○印鑑(代理の場合は代理人の印鑑)
軽自動車 軽自動車検査協会
(飯塚市庄内)
050-3816-1753
○車両番号標2枚
○使用者の印鑑
○所有者の印鑑
○車検証
○車両番号標2枚
○新使用者の印鑑
○新・旧所有者の印鑑
○車検証
○新使用者の住民票
○車両番号標2枚
○使用者の印鑑
○所有者の印鑑
○車検証
○使用者(新しい)住民票
125ccを超え250cc以下のバイク 全国軽自動車協会連合会
(飯塚市庄内)
0948-82-1008
○車両番号標
○使用者の印鑑
○所有者の印鑑
○軽自動車届出済証
○車両番号標1枚
○新使用者の印鑑
○新・旧所有者の印鑑
○軽自動車届出済証
○自賠責保険証
○新使用者の住民票または印鑑証明書
○車両番号標1枚
○新使用者の印鑑
○新・旧所有者の印鑑
○軽自動車届出済証
○自賠責保険証
○使用者の(新しい)住民票または印鑑証明書
二輪の小型自動車(250ccを超えるバイク) 九州運輸局福岡陸運支局
(飯塚市庄内)
0948-82-3380
○車両番号標
○使用者の印鑑
○車検証
○車両番号標1枚
○新使用者の印鑑
○新・旧所有者の印鑑
○車検証
○新使用者の住民票
○車両番号標1枚
○使用者の印鑑
○所有者の印鑑
○車検証
○使用者の(新しい)住民票

(注)標識および車両番号標とは「ナンバープレート」です。手続に必要な住民票等は3ヶ月以内に交付されたものです。詳しいことは、上記の手続先にお問い合わせください。

軽自動車税の身体障害者等の減免

障害のある方が使用する軽自動車・公益のために直接専用する軽自動車・構造上身体障害者等の利用に供するための軽自動車(「車いす移動車」等)を所有する方は、申請することにより軽自動車税が減免されます。申請期間は毎年5月初旬~5月31日(軽自動車税の納付期限日)

公益専用車は5月24日(納付期限の7日前まで)です。なお、軽自動車税の減免については毎年申請が必要です。
ただし、身体障害者等の減免は1人1台です。普通車の減免を受けている場合は、対象となりません。 

詳しいことは、役場税務課までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 賦課係
福岡県田川郡福智町金田937番地2

電話:0947-22-7762