令和3年度 妊娠希望者等の風しん任意予防接種の助成について

 妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気があるなどの「先天性風しん症候群」にかかってしまうことがあります。

 風しんの予防には、ワクチンを接種し、免疫をつけることが有効ですが、妊婦さんには予防接種をすることができませんので、妊娠を希望する人やご家族が風しんの予防接種を受けましょう。

1.対象期間

 令和3年4月1日~令和4年3月31日

2.対象者(被接種者)

 福智町民で次の(1)(2)をともに満たす人

  (1)風しん抗体検査を受け、抗体価が低いことが判明した人

  (2)次のアまたはイに該当する人

    ア 妊娠希望者(妊婦は除く)

    イ 妊娠希望者および妊婦の配偶者(パートナーを含む)および同居人

   (イについては、妊娠希望者および妊婦が、風しん抗体検査を受けた結果、抗体価が

    高いことが明らかな場合は対象となりません。)

   (8.風しん抗体検査についてをご参照ください。)

3.接種料金

 1人1回 無料です。

 麻しん風しん混合(MR)予防接種または風しん予防接種

4.助成方法

 予防接種を受ける前に、コスモス保健センターにて申請が必要です。

5.申請に必要なもの

 1.被接種者の本人確認ができる運転免許証または健康保険証など

 2.被接種者の風しん抗体価が低いことが確認できる「風しん抗体検査の結果書」など

 3.妊娠希望者および妊婦が、風しん抗体検査を受けているときは、風しん抗体価が低い

   ことが確認できる「風しん抗体検査の結果書」など(助成対象者の(2)のイの人のみ)

   (母子健康手帳に貼付の抗体検査結果書類など)

6.予防接種の受け方

  申請後、対象となる人に「風しん助成対象者確認証」(裏面が予診票)を発行します。協力医療機関で予約し、「確認証」と「本人確認ができるもの」を提示して、予防接種を受けて下さい。

※協力医療機関以外で接種を希望する場合は、事前にコスモス保健センターにご相談ください。

7.麻しん風しん予防接種を受けるにあたっての注意事項

 ・現在妊娠中の人への予防接種はできません。

 ・女性は接種前1か月程度避妊し、確実に妊娠していない状態で接種して下さい。その後も2か月間は避妊が必要です。

8.風しん抗体検査について

 福岡県では、現在「風しん抗体検査(無料)」を実施しています。詳しくはリンクの「福岡県の風しん抗体検査」(福岡県のホームページ)をご覧ください。