「しあわせはみんなのねがい 第37集」

しあわせはみんなのねがい第37集の表紙

「しあわせはみんなのねがい(第37集)」は、

日本の歴史的な過程で生み出され、特定の地域の出身者であることや、そこに住んでいるという理由だけで、結婚や就職、その他様々な場面で不当な差別を受ける「部落差別(同和問題)」

について作成されています。

冊子では、

・部落差別が生み出された歴史的な経過

・差別をなくすための取り組み

・現存する差別の実態

部落差別解消推進法(平成28年12月に施行)

などについて、わかりやすく解説しています。

このような不当な差別を解消していくためには、一人一人が正しい知識をもって、行動することではじめて解決へと前進します。誰もが幸せに暮らせる社会を実現するために、是非ご覧下さい。

人権啓発冊子「しあわせはみんなのねがい」とは

人権啓発冊子「しあわせはみんなのねがい」は、“差別に対して正しい理解を持ち、誰もが笑顔で安心して暮らせる社会をつくるために、小さなことからでも行動してほしい。”という願いを込めて作成されています。毎年様々な人権問題の中から個別の課題について作成され、人権週間時に田川地区で全戸配布されます。


注釈:現物が必要な場合や研修資料として使用する場合は、お問合せ下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 人権同和教育係
福岡県田川郡福智町弁城2237番地1

電話:0947-22-1521