全納報奨金制度の廃止について

令和2年度から個人町県民税(普通徴収)と固定資産税の全納報奨金制度が廃止になります。

令和2年度課税分から、個人町県民税(普通徴収)と固定資産税の全納報奨金制度が廃止となります。全納報奨金制度の廃止後も、納付書または口座振替による一括(全納)納付はできますので、引き続き早期納付にご協力をお願いします。
これまで、早期納付にご協力いただき心からお礼申し上げますとともに、制度廃止へのご理解をお願いします。

〇制度廃止の理由

主な理由は以下のとおりです。

・ 全納報奨金制度は、戦後の混乱した社会情勢の中で、「税収の早期確保」や「納税意識の向上」などの目的で創設されましたが、現在では納税環境も変化し、金融機関やコンビニでの納付、口座振替による納付が浸透したことで当初の目的が達成されたため。
・ 一括納付したくても納税資力に余裕がない方には全納報奨金制度の恩恵を受けられないことや、他の税目との間に不公平感が生じているため。
・ 福岡県内でもほとんどの自治体が廃止しているため。

〇口座振替で全期前納(一括納付)をしていただいている方

・制度廃止後も引き続き全期前納される方については、手続きは不要です。年税額を一括して引き落とします。(個人町県民税 6月25日、固定資産税 5月25日)

ただし、引き落とし日が休日(収納機関の休日含む)にあたる場合は、翌営業日が引き落とし日となります。

・全期前納から期別納付(年4回)に変更を希望される方については、変更の手続きが必要になりますので、お手数ですが税務課までお問合せ下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 賦課係
福岡県田川郡福智町金田937番地2

電話:0947-22-7762