常立寺棟札

常立寺棟札 (ジョウリュウジムネフダ)の写真
  • 町指定文化財(有形民俗文化財)
  • 指定年月日:平成11年10月5日
  • 所在地:田川郡福智町金田1272

 棟札とは棟木などに打ち付けられた細長い木の札で、年号や寄付を受けた人などを記したものです。この棟札は寛保三(1743)年に宮本主馬により旧本堂を再築したことや再築にかかわった大工、世話人等が記されています。この宮本主馬は宮本武蔵の養子宮本伊織の家系に連なり、この寺が宮本家にゆかりのあることがわかります。

  • 住所/福智町金田
このページに関する
お問合せ先

生涯学習課 社会教育係(文化財担当)
福岡県田川郡福智町赤池970番地3

電話:0947-28-4100