特別定額給付金について

令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業を実施いたします。

【注意】5月30日土曜日より金田保健センター受付窓口を閉鎖し、福智町役場総務課(金田本庁3階)での申請受付となります。

※受付時間は、平日8時30分~17時15分まで

事業の概要について

1 給付対象者及び受給権者

(1)給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている方

(2)受給権者は、その者の属する世帯の世帯主の方

2 給付額

給付対象者1人につき10万円

3 申請方法

感染拡大防止の観点から、郵送申請方式と、オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)を基本とし、やむを得ない事情がある場合に限り、窓口(金田保健センター)における受付を行ってきました。

今後は、5月30日土曜日より金田保健センター受付窓口を閉鎖し、福智町役場総務課(金田本庁3階)での申請受付となります。

※受付時間は、平日8時30分~17時15分まで

4 申請者の送付及び受付

 申請書は、5月11日月曜日から順次発送予定です。同封の返信用封筒に必要書類を添えて、返信してください。

●オンライン申請の場合

マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面において、振込先口座等を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請を行います。詳細は、「マイナポータル」にてご確認ください。

●郵送申請方式の場合(受付開始:5月11日より)

1.別紙「申請書の記入例」を参考の上、申請書に氏名や口座情報等を記入します。

2.申請書の裏面に、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、マイナンバーカード等)と、口座情報確認書類(通帳やキャッシュカード)の写しを貼り付けます。

※世帯主本人以外(同一世帯員に限ります)の口座を指定される場合は、口座名義人の本人確認書類も必要になります。

3.同封されている封筒に申請書を入れて封をし、最寄りのポストに投函します。

4.福智町より指定の口座に給付金を振り込みます。

※振込口座がない場合は、現金による給付が可能ですが手続き上、給付時期は大幅に遅れます。申請後に支払い期間等をお知らせしますので、指定の期間に通知書と本人確認書類、印鑑を持参して、現金を受領します。

5 給付方法

原則として申請者(世帯主)の本人名義の銀行口座への振込みにより行います。

6 受付期間

申請書がお手元に届いてから令和2年8月11日までが申請期間となります(当日消印有効)。原則、郵送での申請をお願いします。

※申請書の再発行は、令和2年5月18日以降

7 給付開始日

【口座振込の場合】

令和2年5月20日(水曜日)より順次給付予定です。

※事務手続きの状況によっては遅れることがあります。

 

【現金給付の場合】

支給開始日は未定です。

※現金の場合は、大幅に遅れると予想されます。

8 配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方の特別定額給付金について

配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日(基準日)以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、一定の要件を満たしている場合、世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、今お住まいの市区町村に特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。

●配偶者からの暴力を理由に避難している方の特別定額給付金については

  平日の8時30分~17時15分は、福智町役場福祉課(電話:0947-22-7763)

  上記以外は、福智町役場(電話:0947-22-0555)へお問い合わせ下さい。