高齢者等SOSネットワーク事業

 高齢者等SOSネットワーク事業とは、認知症等により行方不明となる心配がある高齢者等が、行方不明になったときに、早期に発見、保護できるよう、関係機関の連携による支援体制を構築し、高齢者等の安全と、その家族への支援を図ることを目的としています。

行方不明が心配な高齢者等の事前登録制度について

事前登録制度って?

 認知症等により、行方不明のおそれのある高齢者等の情報(写真、身体的特徴、以前からよく通っていた場所、緊急連絡先等)を事前に登録し、行方不明発生時には登録された情報を関係機関(警察、福智町役場、地域包括支援センター等)で共有することによって早期発見・保護につなげます。

事前登録制度のいいところは?

1.登録後に地域包括支援センターから警察等へ情報提供を行うことにより、登録された情報をもとに行方不明者の、より迅速な発見・保護につなげることができます。

2.緊急連絡先を事前に伝えておくことで、保護された際、すぐに家族へ連絡することができます。

登録するときに必要なものは?

申請者(注釈1)となる方の印鑑と対象となる高齢者等の方の写真(注釈2)が必要です。

注釈1 親族以外の方による申請には委任状が必要です。

注釈2 写真は、3カ月以内に撮影し、正面、無帽で顔が大きく映ったものと、全身写真。(各1枚)

どこで登録できるの?

下記の事前登録申請書にご記入のうえ、地域包括支援センター窓口にて登録ができます。詳しくはお問い合せください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健課 地域包括支援センター係
福岡県田川郡福智町赤池970番地1 コスモス保健センター内

電話:0947-28-9502