トップページ まちあんない やくばのしごと くらしサポート あそぶ・くつろぐ もっとしりたい しせつあんない
 孤高の一本桜「虎尾桜」
前のページへ戻る 印刷する
 
|孤高の一本桜「虎尾桜」 > 目次(もっとしりたい) > トップページ
虎尾桜の物語孤高の一本桜「幽玄」傷ついた巨桜「衝動」枯死救う桜守「奮起」

蘇る霊木「回生」母樹の声「共鳴」町のどこかに、あなたの胸に。つなぐ桜がある。

  数千の杉に囲まれた空間、枝を広げ、その桜は立っていました。
推定樹齢600年、県内最大のエドヒガン「虎尾桜(とらおざくら)」。
かつて、福智山の霊木としてあがめられた桜です。
やがて、時代に忘れ去られ、人知れず散り、朽ち果てようとしていました―
朝霧に浮かぶ虎尾桜

  新緑の山の谷間で、待ちわびた春を謳歌するように、可憐な花を咲かせる一本の桜があります。

虎尾桜(とらおざくら)。
人々は親しみを込めて、そう呼んでいます。

  毎年およそ5000人もの花見客を魅了する桜は、20年近く前まで、ほとんどの人が、その存在すら知りませんでした。
人に忘れ去られ、福智山の中腹に立ち続けた一本桜。
人の手によってその命を吹き返しました。
その秘められた奇跡の物語をたどります。


虎尾桜の物語孤高の一本桜「幽玄」傷ついた巨桜「衝動」枯死救う桜守「奮起」

蘇る霊木「回生」母樹の声「共鳴」町のどこかに、あなたの胸に。つなぐ桜がある。
このページの最上部へ
前のページへ戻る 印刷する
このサイトについてプライバシーポリシーについて著作権・リンクについてサイトマップ

福智町役場
〒822-1292  福岡県田川郡福智町金田937番地2
TEL:0947-22-0555(代)

このサイトの著作権は福智町に帰属します。